2011年10月22日

映画「蛍火の杜へ」鑑賞@シネ・リーブル池袋

タイトルのまんまですが、「蛍火の杜へ」というアニメ映画を観に行きました。映画館で観るのは本当に久しぶりで、記憶が確かなら、前回劇場で観たのは「ドリヴン」(2001年公開作品)です。

話を「蛍火の杜へ」に戻すと、雨天の朝イチの回だったからか、130席の映画館に観客が20〜30人程度で、窮屈な思いをせずに鑑賞できました。

内容については、既に原作の単行本も出版されているし、これから観に行く人もいらっしゃるでしょうから、ここでは言及しませんが、声優の配役はギン、蛍ともに私のイメージとほぼ一致していました。ちなみにギンの声(内山昂輝さん)を神谷浩史さんの声と聞き間違えてしまったのは私だけでしょうか?あるいは耳から入ってきた内山昂輝さんの声を私が勝手に脳内変換していたりして...

また、主要シーン、特にクライマックスのシーンも私のイメージとほぼ同じで、違和感無く感情移入できました。

とか言いつつ、私としては残念ながら「原作を忠実に動画化した」という以上の印象は持てなかったので、Blu-rayソフトの購入は見送ろうと思います。原作コミックスを読み返せば映像を十分思い出せると思うのです。

以前の私なら何も考えずにBlu-rayソフトを買っていたはずですが、失業して先が見えなくなった今は試練の刻なのです。というか、雇用保険を受給する身で映画だBlu-rayだなんて、納税者に顔向けできません...って、もう映画は観ちゃってるので、明日からは顔を隠して暮らします。(笑)

ともあれ、緑川ゆき先生ファンの人や「夏目友人帳」が好きな人は一見の価値ありですヨ。(今更言うまでもないでしょうけど...)

ただし、普通の劇場用作品と違って、上映している映画館が非常に少ないので、何が何でも大きなスクリーンで観たいということでなければ、最寄の上映館までの交通費が片道2,000円以上かかる方はBlu-ray/DVDソフトの発売を待つのが得策かもしれません。(往復4,000円+鑑賞券1,000円=5,000円は、Blu-rayソフトの実売価格とほぼ同額です。)

Blu-rayはこちら(2011/10月現在予約受付中です)


原作コミックスはこちら


...てなことを、求職者支援訓練の選考(受験)日の前々日にしている私でした。いいのかこれで?
ラベル:蛍火の杜へ
posted by achg at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

自転車で行こう...職安へ

先日、就活と職安通いのため自転車を購入しました。IGNIOというブランドの電動アシスト自転車です。

スポーツタイプとシティタイプの2種類あって、スポーツタイプのほうがフレームやハンドルの形状がカッコよくて、グリップの形も手になじむ感じでイイと思いましたが、スーツ姿で乗ることが多くなるはずなので、シティタイプを選びました。泥よけが普通の自転車のようにタイヤを覆うタイプゆえ、雨上がり直後の走行でも泥はねが最小限に抑えられるのです。

また、チェーンカバー、後輪サークル錠、前照灯用ステーが標準装備となっていておトクなのです。

さらに、ハンドル位置がスポーツタイプより高く、前傾姿勢にならずに乗れるため、首が痛くなりにくいのと、スーツにしわが寄りにくいというメリットもあります。

販売店(スポーツデポ 川崎店)からの帰りと、自宅から恵比寿の訓練スクール、大森のハローワークに乗って出かけました。

最初のインプレッションはというと...オシリが痛い。考えてみると、5年ほど自転車にまったく乗っていません。いずれサドルとオシリが馴染むか、オシリの皮が厚くなって痛みを感じなくなるのでしょうけど、当分は我慢を強いられそうです。

ちなみに、店の人には走行中に電源を入れないように言われましたが、広場で極低速でビビリながら試してみたところ、特に急加速して危険とかいったことはありませんでした。ただし、漕いでいる最中は絶対に電源を入れないこと、電源を入れてから数秒間(電動アシストコントローラのランプが全て点滅している間)は絶対に漕がないことがポイントです。もちろん、電源を入れた後の一漕ぎ目は、自力のほかに電動アシストによる力が加わることを考慮して漕がなければいけません。あと、もしかしたらモーター等への負荷もあるかもしれませんので、大事に乗りたい方は走行中の電源操作はやめといたほうが無難です。

ともあれ、登坂能力は21段ギアとか付いたクロスバイクなんか敵じゃありません。近所に10%はありそうな急勾配の坂があるのですが、パワーモード(アシスト比1:2)にすれば、シートに座ったまま涼しい顔で登ることができました。

自転車通勤/通学に切り替えたいけど途中に超キツい坂道があったりして躊躇している方は、IGNIOのように多段ギアが付いている電動アシスト自転車を買って、上り坂だけアシストのお世話になってみてはいかがでしょうか?

通勤/通学用はシティタイプが最適です。


やっぱ見た目が大事という方はスポーツタイプをどうぞ。


前かごは別売りです。
イグニオ(IGNIO) キャリア付きカゴ(CC-ATB-3)

イグニオ(IGNIO) キャリア付きカゴ(CC-ATB-3)
価格:2,970円(税込、送料別)

posted by achg at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

職業訓練に行こう...って、求職者支援訓練なんですけど

会社から完成版の離職票が届き、必要書類が全て揃ったので、昨日ハローワークに出向いて雇用保険の受給手続きと、求職者支援訓練の受講の相談をしてきました。

事前にネットで調べたところ、ちょうど11月開講の求職者支援訓練でJavaとAndroidの6ヶ月コースが受講者募集中だったので、そのコースについて一通りハロワの職業訓練担当の方に話を聞いて、ひとまず受講を前提に見学してみることにしました。

ちなみに私を含む雇用保険受給者は、本来は公共職業訓練を受講すべきなのですが、Java関連の公共職業訓練コースは3ヶ月、もしくは1ヶ月の現場実習が付く4ヶ月コースしか選択肢がなく、CとPascal、BASICあたりをかじった程度の知識しか持ち合わせていない私がマトモなスキルを身につけるには短すぎると思ったのです。

逆に言えば、求職者支援訓練は雇用保険を受給できない失業者向けの制度なので、雇用保険をもらえる私は選考の上で不利になる場合があるみたいです。もっとも、定員がなかなか埋まらないコースも少なからずあるようなので、開催スクールには悪いけど、一次募集の定員割れを期待しています。

ところで、市販の職業訓練関係の本に「ハローワークから受講指示というのが出ないとダメ」みたいなことが書いてあったような気がしていたのですが、ハローワークで聞いたところ、ただ単純に自宅から訓練機関までの交通費と日当が出るかどうかという話で、私の場合はいずれも出ないだけみたいです。ちょっと損した気分ですが、その程度は雇用保険で十分カバーできるし、食い下がってもしょうがないのであきらめます。希望の講座を受講できることのほうが重要ですものね。

ハローワークの受講指示がなくても雇用保険受給者が求職者支援訓練を受講できてラッキーと考えることにして、交通費は自転車通学で節約したいと思います...って、その自転車はこれから買うんですけど、果たして半年の受講期間で元は取れるのでしょうか?...って、それ以前にちゃんと選考をパスして受講できるのでしょうか?
posted by achg at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。