2011年10月16日

自転車で行こう...職安へ

先日、就活と職安通いのため自転車を購入しました。IGNIOというブランドの電動アシスト自転車です。

スポーツタイプとシティタイプの2種類あって、スポーツタイプのほうがフレームやハンドルの形状がカッコよくて、グリップの形も手になじむ感じでイイと思いましたが、スーツ姿で乗ることが多くなるはずなので、シティタイプを選びました。泥よけが普通の自転車のようにタイヤを覆うタイプゆえ、雨上がり直後の走行でも泥はねが最小限に抑えられるのです。

また、チェーンカバー、後輪サークル錠、前照灯用ステーが標準装備となっていておトクなのです。

さらに、ハンドル位置がスポーツタイプより高く、前傾姿勢にならずに乗れるため、首が痛くなりにくいのと、スーツにしわが寄りにくいというメリットもあります。

販売店(スポーツデポ 川崎店)からの帰りと、自宅から恵比寿の訓練スクール、大森のハローワークに乗って出かけました。

最初のインプレッションはというと...オシリが痛い。考えてみると、5年ほど自転車にまったく乗っていません。いずれサドルとオシリが馴染むか、オシリの皮が厚くなって痛みを感じなくなるのでしょうけど、当分は我慢を強いられそうです。

ちなみに、店の人には走行中に電源を入れないように言われましたが、広場で極低速でビビリながら試してみたところ、特に急加速して危険とかいったことはありませんでした。ただし、漕いでいる最中は絶対に電源を入れないこと、電源を入れてから数秒間(電動アシストコントローラのランプが全て点滅している間)は絶対に漕がないことがポイントです。もちろん、電源を入れた後の一漕ぎ目は、自力のほかに電動アシストによる力が加わることを考慮して漕がなければいけません。あと、もしかしたらモーター等への負荷もあるかもしれませんので、大事に乗りたい方は走行中の電源操作はやめといたほうが無難です。

ともあれ、登坂能力は21段ギアとか付いたクロスバイクなんか敵じゃありません。近所に10%はありそうな急勾配の坂があるのですが、パワーモード(アシスト比1:2)にすれば、シートに座ったまま涼しい顔で登ることができました。

自転車通勤/通学に切り替えたいけど途中に超キツい坂道があったりして躊躇している方は、IGNIOのように多段ギアが付いている電動アシスト自転車を買って、上り坂だけアシストのお世話になってみてはいかがでしょうか?

通勤/通学用はシティタイプが最適です。


やっぱ見た目が大事という方はスポーツタイプをどうぞ。


前かごは別売りです。
イグニオ(IGNIO) キャリア付きカゴ(CC-ATB-3)

イグニオ(IGNIO) キャリア付きカゴ(CC-ATB-3)
価格:2,970円(税込、送料別)

posted by achg at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230718370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。