2010年12月17日

AAAFxへの送金チャレンジ その2...まるっと解決編

昨日予選敗退したAAAFx入金のリベンジは、意外にあっさり完了しました。今日は昼飯も食べずに、念のため法人の海外送金などを取り扱うケースが多いであろう新生銀行の本店(内幸町)へ出向くと、今日は手馴れたオーラを発する女性オペレータに担当してもらい、手数料等の説明の後、先に出金口座と金額、銀行届出印を確認して、A4用紙1枚の送金依頼書に捺印し、10分程度で慎重に書き終え、オペレータの登録を待ち、依頼書の控えを受け取って無事完了。時間にして30分程度でした。昨日の銀座ファイナンシャルセンターとはえらい違いです。ともかく、これからは海外送金経験者として堂々と生きてゆけます...という自慢はAAAFx側での入金を確認してからにしろ...とかどうでもよくて、事前の情報収集さえしっかりしておけば、「海外送金恐るるに足らず!!」です。

今回のまとめとして、新生銀行の口座からAAAFxへ送金するには、送金依頼書の@〜Iの各記入欄を以下のように埋めればOKです。他の銀行も記入欄の名称や並び順など多少の差はあれ、こちらを参考にできるのではないでしょうか?

@送金種類:電信送金(該当部分にチェック)

A受取人名:TRIPLE A EXPERTS

B受取人住所:
14 Akti Kondili Str Piraeus, 18545 GREECE

C支払銀行(送金先銀行):
・支払銀行名:EUROBANK
・支店名:空欄のまま

D支店住所:
Akti Kondili 26-28, 18545 Piraeus, GREECE

E受取人口座番号:AAAFxの送金先リストから、該当通貨のIBANを記入
※送金先リストは以下のサイトで確認してください。
https://www.aaafx.com/BankAccounts.aspx
※USD口座へ入金する場合、GR0402600590000441200009328

F送金先銀行コード:
・Swift:EFGBGRAA
・IBAN:上記Eを再度記入
※IBAN記入欄は狭いので、はみ出さないよう注意してください。

G送金通貨:該当の通貨にチェック

H中継銀行:特に理由がない限り空欄のまま

I連絡事項:氏名, E-mailアドレス, 自分のAAAFx口座番号
※2回目以降の入金時は空欄
※自分のAAAFx口座番号は、口座開設手続きでActivation完了後AAAFxサイトのマイアカウントページ右上部で確認できます。

さらに、番号は振られていませんが、「送金目的」欄は「投資」にチェックしておけば良いでしょう。

その他、手続きに必要なものとして、銀行届出印、通帳orキャッシュカード(PowerFLEX口座の場合)を忘れずに持っていってください。この辺は銀行や口座の種類によって異なってきますので、事前に電話等で確認するのが得策です。また、私の場合は不要でしたが、一般的には身分証が必要ですので、念のため免許証は持参しておきましょう。

なお、今回の場合は新生銀行の米ドル普通預金から出金してAAAFxの米ドル建て口座へ入金したため為替手数料はかからなかった訳ですが、新生銀行では顧客を預入れ残高に応じてランク分けしており、ランクに応じて為替手数料が優遇されます。最上級のプラチナランクになると、通常4,000円の海外送金手数料が月1回まで無料になるのです。ご自身の残高をよく確認して、もう少しでクリアできる残高になっていたら、事前に他の口座から新生銀行宛に振り込んで条件を獲得しておくと良いでしょう。

ともあれ、ようやく不良資産を活用する準備が整いました。2004年か2005年頃に日本円預金から1万ドル分振り替えて、訳も分からぬまま初期の高金利に目が眩んで仕組預金に投資し、翌年から2007年の1ドル120円超の期間も満期日が次々延期されると共に超低金利で運用され、2008年の秋にようやく満期になった時点を経て、今では数10ドルの金利と引き換えに1ドル当たり30円を超える含み損を抱えて塩漬けとなっていた資金です。そのまま放っておけば、保存期間の長さで一流うなぎ屋、串カツ屋の秘伝のタレといい勝負ができたのではないかと自負しております。

まずは、今後仮に1ドル80円台のままでも為替差損を取り戻す、つまり約40万円相当の利益を目標として、慎重かつ大胆に取り組みたいと思います。そして、来年は徐々にZuluTradeからMT4へとシフトしていくことを、今ここに宣言します!!


posted by achg at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。