2010年12月16日

AAAFxへの送金チャレンジ その1

タイトルで続きがあると察した方、するどいです。残念ながら本日送金はできませんでした。最近残念なことが多くて滅入ります。orz

昨日口座開設したAAAFxに米ドル普通預金からBank Wireで送金するため、昼食後にちょっと外出して新生銀行の銀座ファイナンシャルセンターへ行ってきたのです。平日午後だったこともあり、受付の方一人以外は人影もなくガラガラでした。後から思えば、この時点で気付くべきでした。

海外送金をお願いしたいと受付に申し出て、申請用紙を渡され、担当者が来るまでの間、記入できるところは記入すべく、AAAFxのサイトからコピーした送金先情報を書き込んでいったところ、銀行の支店名、支店住所と受取人口座番号が空欄のままに...数分後、担当者(といっても先刻受付にいた方)が来て、これらが明確でないと送金に時間がかかったり最悪組み戻すことになり、手数料の払い損になると言われ、用紙を持ち帰って出直すことを促され、悔しいけれど敗退しました。

帰宅してからWEBで調べてみると、口座番号はIBAN、支店名は記入不要(IBANで特定可能)、支店住所は私が「受取人住所」欄に記入した内容で、受取人住所のほうはAAAFxのWEBサイトで「14 Akti Kondili Str Piraeus, 18545 Greece」と全て確認できました。

それにしても、記入すべき内容の提供すらしてもらえない四角四面の対応に、ちょっとがっかりしました。おそらくその場にいた担当の方は海外送金に詳しくなかったようです。それ以前に私の相手だけしている訳にはいかない状況でしたし、「けんもほろろ」とはこのことかと思いました。たぶん本店に行っていれば、もっと詳しい担当者の助力を得てその場で記入完了し、申請できたのではないでしょうか?(世の中そんなに甘くはないか...)

こんなことなら、事前に用紙の見本をFAXしてもらうなどして、完全に埋まる情報を持参すべきでした。とにかく、直接利益を生まないこの手の作業はさっさと終わらせたいので、明日午後一時までの送金手続き完了(当日扱い)を目指してリベンジです。(燃)


posted by achg at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。